« 夢か現か幻か | トップページ | たまにはアトガキってやつを書いてみよう! »

大いなる 螺旋と咆哮の中で 僕は舞う(Act2

LNIKS:十人の中に刻まれる物語・・・・・・

          大いなる 螺旋と咆哮の中で 僕は舞う(Act1

前回までのあらすじ・・・・・

イースレイはパルム浄化のミッションを受け、

この度ミッションを共にすることなったジローと共に野営前線へ向かっていた。

彼等は目的地の近くまでシャトルで行き、

そこから徒歩で歩いていた。

「ひどいな・・・これは・・・。」

イースレイは思わず口にした。

以前、彼がパルムに来た時は、

どこまでも続く緑の大地。

蒼く、透き通る様な青空。

たくさんの自然が雄大に広がっていた。

しかし、今イースが見ているのは違う。

大地はひび割れ、

空は灼熱の炎の様に紅に染まっている。

自然は朽ち果て、枯れ果てていた。

「一週間前からもうここは炎の侵食をモロに食らっている。

何人ものガーディアンズが浄化にあたっているが、

侵食は一行に止まらない。

それにしても、聞いてた以上だ。」

ジローも、この変わり果てた風景に驚きを隠せずにいた。

続けて、言う。

「今回のミッションは、この炎侵食と同時に異常発生している原生生物の鎮圧。

ならびにこの侵食の根本を探ることだ。」

「ああ、調書には一通り目を通したから、分かっている。」

「よし。指定された野営前線までは・・・あと20分ってとこだな。」

ジローが腕時計を見て時間を確かめる。

今どき、腕時計なんて珍しいな、とイースは思った。

なにか・・・思い入れでもあるのだろうか?

イースがそんな事を考えていると、

ふと、どこか遠くから女性の悲鳴が聞こえた。

それも、どこか・・・聞き覚えのある声だった。

「・・・・・・・・エフェ?」

イースは立ち止まり、声が聞こえた方にポツリと、呟く。

「ん?どうした?」

ジローも立ち止まる。

そんな馬鹿な。

心の中で可能性を否定するイースだが、

彼の体は勝手に動いていた。

声が聞こえた方向に。

「おい待て!そっちは違う!!戻れ!!」

ジローは怒鳴り、慌てて後を追う。

違う悲鳴が、木霊した。

[惑星パルム・海底プラント]

炎の侵食は、全惑星が煽りを受けている。

どれも、すさまじい勢いで、止まるところを知らない。

ここは、既に誰もいない、何もないはずの場所。

「ここが・・・例の場所ね。」

黒のキャストは手の調書を確認している。

「急ぎましょう、ラピスさん。」

隣には、白のキャスト。

静かに、だがハッキリとした声で言う。

「ええ、長月さん。

ガーディアンズには任せておけません。」

ラピスは真剣な表情で言い、長月と共に走り出した。

[惑星パルム・草原]

「はぁ・・・はぁ・・・。」

ギンは陣地は飛び出し、ヴァーラのリーダー格を探し、勝負していた。

彼の体には無数の大小の切り傷があり、

最早、満身創痍であった。

ギンの目の前には倒れている巨大なヴァーラがいる。

大きさでは、彼を軽く凌いでいる。

しかし、今は頭を下げ、地に這いつくばってうめくのみだ。

そして、ギンとヴァーラの周りには、大量のヴァーラの手下が

輪を作って囲んでいた。

まるで、娯楽を見ているかの様に。

ギンの手には、血で汚れた剣。

同じく、ヴァーラの鉤爪も血塗られている。

これで、手下どもが引き下がってくれればいいんだが。

ギンはそれを願っていた。

連戦につぐ連戦で、彼は戦える状態ではない。

すると、目の前のヴァーラがいきなり大きく咆哮した。

それは相手を威嚇するかのように、ギンの耳に突き刺さる。

そして、ヴァーラはギンに決死の勢いで突進してきた。

爪を突きたて、真っ赤に燃える目をして。

「負けるか!」

ギンは剣で防御し、弾き返した。

そして、怯むヴァーラに最後の一撃を食らわした。

「かった・・・・のか?」

確かに、目の前のヴァーラには勝った。

しかし、手下のヴァーラはまだ腐る程いる。

だが、ギンが周りを見回すと、そこには何もなかった。

手下達は、どこかへ行ってくれたようだ。

「はぁ、良かった。」

思わずその場に座り込む。

しかし、なぜ急にいなくなったんだろう?

さっきの咆哮のせいか?

考えていると、背後から足音が聞こえた。

「誰だ!?」

彼は立ち上がり、振り向いた。

[惑星パルム・野営前線]

イースレイが無我夢中で走り、たどり着いた場所は惨劇と化していた。

そこら中に倒れている人・・・。

生気が感じられない。恐らく、死んでいるのだろう。

この状況に、イースレイとジローはただ唖然としていた。

「ここは、確か別の野営前線のはずだが・・・。」

「壊滅してるな・・・。」

ジローは倒れている人達の脈を確かめているが、だめみたいだ。

イースは、さっきの声が気になっていた。

ふと、近くの草陰から物音が聞こえた。

「誰かいるぞ!」

イースは焦ってその草陰へと行くと、

1人の女性が、そこで倒れていた。

どうやらガーディアンズらしい、胸にマークがある服を着ている。

「大丈夫か!?」

イースが言うと、彼女は目を覚ました。

「う・・・あなたは?」

声を聞いて、イースはハっとした。

さっきの声だった。

しかし、声の主は彼の予想とは違かった。

「僕は、ガーディアンズの援軍で来ました。

イースレイだ。」

「同じく、ジロー。」

2人が挨拶をすると、急に女性は立ち上がり、草陰から出た。

「みんな・・・・。」

彼女はその場を見て、崩れ落ちてしまった。

「うちのせいだ・・・うちが、1人で吹っ飛ばされて・・・

 みんなを、守ってあげられなくて・・・。」

彼女は、膝立ちのまま両手で顔を覆った。

「あんたが気に病む事じゃないさ・・・。」

ジローはそう言って、優しく背中を叩いた。

イースが見た彼の目も、深い悲しみの色が見える。

まるで、何かを重ねるかの様に、その女性を見ている気がした。

「・・・・・・・・・ギンは?」

彼女が小さく呟いたとき、ジローが突如叫んだ。

「 !! 何か来る!?」

すると、遠くから大勢のヴァーラが猛スピードでこちらにやって来ていた。

それも、前後左右から。

「まずい!囲まれる!!」

イースは叫び、周りを見回すが、

逃げ道が、どこにもない。

「く!戦うしかないのか!!」

ジローは巨大な剣を取り出す。

フォトンが片方にしかなく、太刀筋に表と裏があるようだ。

イースも杖を出す。

気付くと、既に回りはたくさんのヴァーラで埋め尽くされていた。

鼓膜が破れるかと思うほどのうめき声。

鉤爪がカチャカチャと鳴る。

イースとジローは背中合わせに立っていた。

イースが問う。

「この数・・・大丈夫か?」

「なんだ?ビビってるなら草陰で隠れてな。」

「おいおい。手柄を独り占めさせるかよ!」

「よし、じゃあどっちが多く倒せるか勝負だな・・・。」

「ああ・・・。」

不敵に笑う二人。

「うちも、戦う!」

先の女性が立ち上がっていた。

手には小ぶりの剣がしっかりと握られている。

眼光は鋭く、一点を見据えている。

「お?ライバルが増えたぞ?」

「へへ、上等。」

3人は声と共に跳躍した。

「行くぞ!!!」

物語は螺旋を帯び、続いていく・・・・・・。

                 to be continued...

next..............    まった~り♪日記

|

« 夢か現か幻か | トップページ | たまにはアトガキってやつを書いてみよう! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/191850/5524600

この記事へのトラックバック一覧です: 大いなる 螺旋と咆哮の中で 僕は舞う(Act2:

» 大いなる 螺旋と咆哮の中で 僕は舞う(Act3 [まった~り♪日記]
   Links:十人の中に刻まれる物語        大いなる 螺旋と咆哮の中 [続きを読む]

受信: 2007年3月 9日 (金) 11時33分

« 夢か現か幻か | トップページ | たまにはアトガキってやつを書いてみよう! »