トップページ | 2007年2月 »

「巡りあう者たち」~screenⅠ・序曲~

~XXXX年

    ?月?日      

       惑星ニューデイズ 

          聖地エガム・???~

激しく降る雨、

外は真っ黒な黒雲が空を包んでいる。

1人の男が、

灰色のフード姿で雨の中をひたひたと歩く。

彼はある事を決意していた。

そして男はある建物へ入っていく

中へ入りフードを取る

男の顔は黒く、髪は白髪だ。

~同時刻・聖地エガム・???内~

礼拝堂のような場所

ゆうに20Mはある天上

そのホールの真ん中に11個の椅子がある。

椅子は円を描いておかれており、

各々がそれぞれ掛けていた。

明かりは蝋燭が壁に幾千も並んであり、

それなりに明るい。

が、この場の雰囲気はどこまでも暗かった。

押しつぶされそうなプレッシャー。

漂う不穏な空気。

彼らが座っている椅子は

随分背もたれが高い、木製の椅子だ。

???「ジローはまだか?」

一際大きなフードを被った小柄な男が言った。

???「ふん!あんないいかげんなやつほっといて

     さっさとはじめようよ!!!!」

気の強そうな女性が、足で地面をコツコツ叩きながら言った。

???「あ、もうすぐ来るかと。さっき外で足音が・・・」

今度は小柄な、そして少し機械音のような声の女性が

落ち着き払って言った。

???「ふふふ、この雨の中で・・・・あいかわらず耳がいいのね。」

背筋をピンとたてている女性が感心している。

???「まだかぁ、、、もうねむいぞぉぉ・・」

こちらは少しやるせなさを感じる、が、どこか鋭さもある

男性が眠そうに言った。

そこに、あの白髪の男があらわれた。

???「おそかったな、ジロー」

ジロー「○○○・・・おれさぁ、、、」

しかし彼はジローには耳を貸さず、

手に持つ杖をかろやかに右から左へと振った。

???「早速だが、動いてもらおう」

その時、各々の前に紙切れが現われた。

???「そこが今回のターゲットだ。

 

     と同時に、もうそれ以上アテがすくないんだ・・

          

       確実にやってくれ、ミスは許されないぞ。」

???「ねね、もう鍵の内4つはあたしたちのモンだけどさ、

     まだ少なくとも2つはあるんでしょ?

       それであとここだけって・・・・・・・」

小柄な女性がやんちゃな声で言った。

???「そうだ・・・正直そこになかったら少しマズイな・・・

      しかし、かならずある!」

彼は語気を強めて言った。

???「なぜそこまで自信があるの?」

赤い髪の女性が不思議そうに言った。

???「それは・・・・・・

      ・・・・ジローが1番よくしってるだろう。」

彼はジローの方を見る、

ジローは目線を少しおとして言った。

ジロー「・・・・・それは・・・確かに、そうだけど・・・」

???「自分の故郷を壊したくない・・・か?」

ジロー「ちがう!・・・そうじゃない!!!

        ・・・・・・・おれにやらせてくれ!!

           必ず、見つけ出す!!!!」

彼は顔を強く上げ、なにかを振り払うように宣言した。

???「そうか・・・・・

       期待してるぜ、ジロー

      

         ・・・・・・では、諸君

          幸運を祈る・・・・」

~惑星ニューデイズ

      

         シコン諸島・シコン村~

ギンジロー(以下ギン)「おぇぇぇぇぇぇ・・・・・・・・・」

1人の少年は湖に向かって吐いている。

ギン「ちくそう!!下痢と吐き気がいっぺんに・・・・

                 おぼぅうぇぇえぇええええ・・・・・・・・・・・」

さて、カメラを変えよう。

ギン「まてまてwwww

             おれはほったらかしですかいww!?

            

                まっt・・・・・」

ユイ「風がきもち~ね~♪」

彼女、ユイは片足を湖につけながら言った。

クロ「風邪がキモティーーーーーーwwwww」

彼、クロが湖の中ではしゃいでいる。

ユイ「えw 風邪じゃあ気持悪いじゃないww!」

クロ「うひww盲点だったww!!」

ユイ「確信犯だ・・・・・」

そこへゲロゲロギンジローがよろよろと

千鳥足でやってきた。

もちろん片手にはおみやげのたこ焼き!

頭にネクタイをハチマキしてて、

電柱に向かってオエ~ってしてますよ!!!!!

ギン「んなww!!おれは飲んだくれの

       サラリーマンかよww!??

         せめてかちょ・・・・」

ユイ「あーギン・・・・・・・んん??wwどしたのww??

       顔真っ青でもうドラえ○ん並だよぅw!!!」

ギン「おーユイさんじゃん。それがさぁ~

    下痢と吐き気がいっぺんにきてもう

       萎え萎えなわけよwww」

ユイ「ひぃぃ!!!近よんないでww!!

    あっちいって存分に吐いて来い!!!!」

ギン「ひでぇwwてかもう吐くところまで吐くところまで

     吐いたからもう排他的経済なんとかとか・・・」

クロ「まてまてwwそれはいいぞwww

    てかなんでそんな状態になってるんだよww?」

ギン「う~んさっき食った野草か!?

          それともキノコか!?

           木の実か!?

             枝か!?」

ユイ「ちょっとあんた何くってるのよww?」

クロ「雑食この上ねぇな・・・・」

ギン「おかげで体重が3Mgぐらいへったぜ!」

クロ「なに?Mってw?」

ギン「そのまんまにきまってるだろうがよぉ~ww!!」

クロ「なんだってぇぇーーーーーーー!!!ww?

           お前もしや ・・・・  ・ ・・

          

           そうか・・・・・・

               

             そうだったのか・・・(遠い眼)」

ギン「おぃおぃおぃ!!wwww本気にしないでよww

 

  M=ミクロにきまってるでしょーーーが!!!!」

ユイ「ミクログラムっていったい・・・・」

ギン「1000000000Mg=1gですがなにか?」

ユイ「異議ありまくりですwww!!!!!!!!!」

クロ「ギンジロー。言動のみで終身刑!!!!!」

ギン「ええええええええええええwww!!!!!!!??

     ってこたぁあれですか!?

       他の加わったら・・・・

         あれになるんですかw!??」

ユイ「(にこにこ)」

ギン「いやぁぁぁぁぁぁ~~~~~!!!!

 

        逃げます!!!!

          大陸移動する勢いで逃げます!!!!!」

クロ「どこまで逝くきだぁぁぁぁーーーーーーーーww!?」

ギン「あ、クロさ」

彼はまだ湖の中で突っ立てるクロに向かっていった。

クロ「ん??どした????」

ギン「おれさっきさ~、ずっとその湖に吐いてたんだ♪」

クロ「!#&”?”&#$”#%%”???!!」

ユイ「ひぎゃぁぁぁぁぁあぁぁぁwwwww!!!!!」

ユイは反射的に足を湖から抜いた。

ギン「うほほ~♪じゃ、レッツ・エスケープぅぅ!!!(逃亡)」

ユイ「まてぇっぇ!!もうあんたアレ決定!!!」

クロ「アレじゃすまねぇなぁ・・・・

          すまねぇよ・・・・

        もうテメーはスリランカだろうが

          タンザニアに行こうが必ず

             おれがすとめてやる!!!!!」

ギン「すとめるww!??

    てかそんなどマイナーな国いかんわwwww!!!!」

逃げるギン。

それを笑顔で追う仲間達・・・

もちろん手には手榴弾や清流刀や拳銃やらが。。。

ギン「まてまてwwww

     そこは笑顔で「あはは~」って

        鬼ごっこするのが定番だr・・・」

ユイ&クロ「えーい♪」

どーん!!ずばぁっ!!!どどどどど!!いや~ん!!!!

かくしてギンジローは・・・・・

ギン「まてwwまだ死んでないないからなw!!」

ちっ

ギン「ええwwwてか1話で死んでどーすんだよww!!」

ぼくらは毎日をこんな風に、

    ただ漠然と、けど楽しく日々を過ごしていた・・・・・・

なんでこんな離れ島(シコン諸島)の村に

住んでいるのかというと、

それは、2年と少し前に終わったばかりの大戦争の末に、

ぼくたちヒューマンは、多種族より低い

社会的地位となってしまった・・・・・・・

それで、まるで身を隠すかのようにここで過ごしてるわけだ。

種族による争いは、終わりそうにない・・・・・・・・。

けど、ぼくはここでの暮らしには満足していた。

ぼくはここで生まれて、ここで育っている。

そして、なにより気の合う親友がいたからだ・・・・・。

しかし、あの夜の出来事で、

ぼくらの運命の歯車は狂いだしていく。

いや、狂うのではなく、

やっと回りだすのかもしれない・・・。

そしてその夜はもう、遠くはない。

次回・「巡りあう者たち」~screenⅡ・舞い上がる紅蓮の炎~

     

| | コメント (8) | トラックバック (0)

前夜祭で全パワーを出し切るぞ!!

全略・ギンジローです( ̄▽ ̄)

あ~なんか姉貴がレポートとかなんとか提出っていって・・・

全然パソコンできなかったよwwwwwwww

まーコメントとかは携帯でしてましたけどねww( ̄▽ ̄)

そんな訳で今は前夜祭!!!!

なんだかんだで今が1番もりあがる・・・・・のか?

やっぱり目玉はフィナーレだろ!!ヽ(`Д´)ノ

いあいあwwww

肝心なのを忘れてたぁよぉ( ̄Д ̄;)

本番があったねwwwwwww!!!!!!!

では!!

おまたせ?してないなwwwwww

題名は~~~~

第1章

「巡りあう者たち」

始まりま~~~~~~~~す(・∀・)ノ

| | トラックバック (0)

カルピスはやっぱりメロン味!!

え~どうもこんんばんは、ギンジローでぅぇーす( ̄∀ ̄)ノ

やっぱりドリンクバーあったら、カルピスと

メロンソーダを混ぜて

「美(微)炭酸!カルピスメロン味!!」を作りますね( ̄∀ ̄)

あとはちょっとでも席を立つと

友達から暖かい洗礼をうけます^^^^^^^^^^

そんなんで実際に起きたことに

かなり近いことを書きます。

これは昨年いった修学旅行での事です( ̄∀ ̄)

登場人物は実際に僕の友達に近い人を選んでやりますww

~IN横浜中華街のあるお店~

トイレから帰ってくる僕=ギンジロー

ギン「うぃ~・・・ってなんじゃこりゃぁww!?」

ジロー「お前の大好きなカルピスメロン味だww」

ギン「いあいあwwなんか油っこいもん浮かんでるしww」

ユイ「そりゃねー醤油いれたからねww」

ギン「えぇぇえ!!!!!!!!!!!!!!どんあハーモニーだこれ?」

ラピス「ねーこれちょっとまずいんだけど!?

    誰か食べない~?」

イ~さん「おまww自分でとってきたもんは自分で食えぇww!!」

ヤハウェ「ん~じゃあうちが食べてみるよ~・・・・・・・・・・・・

     

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!!!!!」

ギン「ああ!?どうしたヤハー!?」

ヤハウェ「おげぇぇぁぇぇっぇえ!!」

ジロー「見るからに普通の茶碗蒸だよな・・・・パクッ!!!!!」

イ~さん「ど・・・どうだ!?」

ジロー「ギン!!PASS!!」

ギン「うあ!!スルーパス!!!!!」

イ~さん「ぎゃあ!!!キラーパスキタコレ!!!!!!!」

一同パスし合いラピスの元に戻る

ラピス「ん~じゃあこのぐるぐる回るやつつかって

    ロシアンルーレットだ!!!」

ユイ「ええ!!あぶないよ!?」

ギン「うひょー!やれやれ!!」

ジロー「おお!!では回すぞ~~~!!」

机の真ん中にくるくる回るやつあるんじゃん

・・・・ホラ、中華屋によくあるやつ!!!!!!

それの端に茶碗蒸おいて、

思いっきり回して止まった時

茶碗蒸が指してた人が当たり!!

全部食べます!!(・∀・)b

そんな訳でぐるぐる・・・・・・・・

ユイ「きゃああああ!!!!

   うちのところに来るーーーー!!!

    ・・・・・・・・・えいっ♪」

イ~さん「おまwwまた机をまわすんじゃねぇぇぇwww!!!

      ってぎゃああ!!くんな!!おらっ!!」

ジロー「おめぇぃらwwwそれじゃおわんないだろww!!!」

ラピス「きゃわぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!キター!!!!!!!

 

    それぇぇっ!!!!!!!」

その時!

乗っていた茶碗蒸は遠心力に負けて・・・・・・・

持ち主のラピスの元へダイビングしましたwwww

ぐちゃああああああああああああ!!!!!!!

ラピス「いyっぁぁぁぁぁぁぁsfsfj☆’&#‘+L>)'%$#WE!!!」

ギン「あ~♪一件落着ww」

ヤハウェ「そんなことよりもういかなきゃ!!

      もう2時半だよ!!!!」

ジロー「おお!いそがなくちゃな!!

   てかそれどうすんのよwww?」

ラピス「あぅ~・・・なんとかお椀にもどしたよ」

その時!

かわいらしい店員さんがグッドタイミングでやってきたぁ!!!!!!!

ハルル「お客様、お皿を・・・・お下げしましょうか?^^」

(・・・・)の間、彼女の目はラピスの前の

ぐちゃぐちゃ茶碗蒸に目がいっていた・・・・・

凍りつく班員達

笑顔で皿をさげる店員さん^^

あのやるせなさは今でも忘れられない・・・・・(´ー`)

本当、萎え~(´Д`*)

これが流行るのはもちょっと後の話ですけどねww( ̄∀ ̄)

余談ですが3時に先生達のチェックうけたあとは

6時までゲーセンいってましたwww

そこでラピスさんが

「はじめの一歩」(小さいサンドバック?を殴るゲーム)

でヒートアップしてましたねwwww( ̄∀ ̄)

ぼくは射撃ガンガンゲームに1000円ぐらいつかって

全クリしましたww!!!(゜Д゜)b

いや~楽しかったです( ̄∀ ̄)

以上でお話は終了ですが・・・・

このたび!!

次回より再び新しい小説をはじめます~ヽ( ̄∀ ̄)ノ

舞台はやっぱりグラールww

前回とは関係なくいきます!!

・・・ま~前回のは読みきりとうことでwwww(・∀・)

ぼくオリジナルの要素を

ふんだんにつめていきます!( ̄▽ ̄)b

只今紙に大まかなストーリーを書いてますが、

これが終わり次第かいていくつもりです( ̄◇ ̄)ゞ

結構長くなりそうです!!

それと、物語上相当な数の登場人物を出す予定なので

ここで出演予定者の名前をかきます~( ̄∀ ̄)

もしいやだったら遠慮なく「ヤメロ!!」

と殴ってくださいww(*゜∀゜)=○)*Д`)。。

         :出演予定者:(あくまで予定です)

ユイさん

にっぱさん

ラピスさん

ジローさん

イース・レイさん

雅桜さん

てぃらみす(長月)さん

黒猫(おそらくクロとして)さん

ちゃみさん

るんさん

すすさん

ガーディアン・フォースさん

kouji(コージ)さん

Olga(オルガ)さん

Yahweh(ヤハウェ)さん

スイ・モアさん

にーなさん

コギーさん

ルナさん

にゃんこさん

ハルルさん

グラディエーター(グラ)さん

パレスティンさん

raise(レイズ)さん

UDON(自称帝王!!)さん

エフェさん

雨龍(まみ)さん

SINKI(ノゾム)さん

ロースさん

以上・・・・・・・・・あ!!

ギンジローもいますよww!!( ̄∀ ̄)

とまぁ、、、人はいくらいてもたらなそうになりそうなので!

募集もします!!(・∀・)ノ

では~お返事お待ちしてま~ヽ(*´∀`)ノ

あ、ちなみに題名はちょっとかえて・・・

「ロード・オブ・キー=ギンジローの旅路=」

に決定!?

かな?w

なにか「これがいい!!!」っていうのも募集ですww!!

では~しばらく様子見ま~す(・∀・)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

ひさしぶりに(′ー`)

ジャンボ!!ハバーリ!!ヽ(゜Д゜ヽ)

風邪なおりましたー!!(・∀・)

みなさんコメありがとう!!(つД;)

うれしかったよ~・・・(・ω・*)

これからは体にしっかり気をつけます(^∀^)

そんで今日は休みなので、久しぶりにINしましたー(・◇・)

久しぶりフレに会いました(^∀^)

いあーやっぱ楽しいですねww

そなんで今日はYahweh(やはうぇ)さんやシンシアさん、さなたんさん、XL Evo Sevenさん、肉汁のraiseさんと

SEEDの始動Sに逝って来ました!!

初めてでしたね~(・∀・)

SSとか本当撮りたいよ(;□;)

そんなんで突入!!「ギンジローと愉快な仲間達」ヽ(`Д´)ノ

もちろんBOSSは僕様www!!(・∀・)b

しかぁし・・・・・・・・

道中ですら死にまくりww(つ∀`)

あの・・カマ持ったカブト虫みたいなやつがすっごく強い!!(((゜Д゜;)))ヒィィィッィイ!

あの棒の先から出てくる赤いやつで何度火葬されたか!!!(TT)

あとなんか周りに氷のトゲトゲ出すのもやっかいだった・・・(゜Д゜;)

そういえば行く前に誰かさんに「ふぁいえ ふぁいえ めぎどぅ めぎどぅ」って応援?されたな・・・(´ー`)

応援されたかい?あってニワトリのメギドぅにも幾度となく殺られましたww(つ∀;)

それでもくじけず進む「ギンジローと不愉快な仲間達!!」ヽ(゜皿゜)ノ

ァ・・・愉快ねwwwwww

XLさんのギ・レタスが大活躍でした(・∀・)

ぼくも何度もゴチになりました(・皿・)シャキシャキ

やっぱキレイのヒケツは「センイ」ですww(・∀・)b

てかぁ、悪者のLVが90ってやぁバクないですか???

まだぼくは61・・・・・・・(´Д`;)

やっと還暦ですwwwww(・ω・)v

そんな訳で死にながら逝きながらくたばりながら・・・・・!!!

やっとマガシ様の巣にとうちゃーく!!!ヽ(゜∀゜)ノワーイワーイ

ここで肉汁のraiseさんはぬけちゃいましたー(TT)

ここで色々と補給したりして・・・・・・・・・

突撃ーーーーー!!!ヽ(゜皿゜)ノ

が!!!!!!!!

開始10秒ぐらいでくたばりましたwwwwwwwww(つД`)

みんな!!サーーーーーーーーーーセンwww!!!!!!m(___)m

ここでもぼくの「扇風機ダンス」がウネリをあげてマガシ様をいじめる!!(`∀´)イヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒ

しかしマガシ様は応えていない!!!!

いや、もしかしてむしろ

マガシ「もっと激しく!!(´∀`*)ハァハァ」

うらぁぁぁぁ!!(゜Д゜)=○)3`)うれしーー!!

マガシ様が実際そう思っていたかは知りません!!!!

そんな訳でここでも逝きながらドMマガシ撃退!!(゜Д゜)9オッシャァァァァ!!!!

しかし!!!!!!!

マガシ「もっともっと激しく!!(´∀`*)」

更なる刺激を求めるマガシ様が六亡星の呪縛?みたなのにつつまれながら進化した!!

おめでとう!!どMマガシはΩMマガシに進化した!!

やたー♪めでてぇーーー!!ヽ(・∀・)ノ

しかぁし・・・・・!!!

全然めでたぁくなかったぁぁぁ!!!!∑( ̄Д ̄;)

マガシ「もっと激しく!!」(*´∀`)=○)Д゜)。。グハァァァァ!!!!!!!!

Ω(オメガ)マガシの千変万化の技で次々と殺られ、逝き、くばっていく仲間たち・・・・

気付くとそこには、

ギンジロー1人だけになった!!∑(゜Д゜;)

マガシ「やっと2人っきりになれたね・・(´∀`*)ハァハァ」

ギンジロー「ええええええええええ!!∑(゜Д゜)」

マガシ「ぼくの愛をうけとめてー!!(´∀`*)」

突如画面が遠のく。

いきなりコロニー?いや隕石だ!!メテオだ!!!それもセフィロスの比じゃなぁぁぁい!!!!!のが落ちてきたーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!((((゜Д゜;))))))イヤァァァァ!!!*バイブレーションではありません!!

マガシ「これが愛のカタチだぁー!!(´∀`*)」

チュドーん!!!

「ぎゃああああああ!」

「ああああああああ!!」

しかしぼくがコスモしまくったので大丈夫でした!!(゜Д゜)b

その後もなんどあの世とこの世を往復したか・・・・・・・

やっとこさ倒しました!!!!ヽ(`Д´)ノ

マガシ「ハァハァ・・・また相手してね(´∀`*)」

こいつ応えてねーーーーーwwwwwwww∑(゜Д゜;)

みんな喜び爆発でした!!(≧∀≦)

もう感無量でしたね~(´ー`)

そんできになる死亡回数は・・・・・・

ダカダカダカダカ・・・ダン!!!75かぁぁい!!!!!!(゜∀゜)

「あんがい少ないな・・・」なんて言うなーーーーー!!!!(ノ゜Д゜)ノオラァァァ!!!

75・・・・七五三でした(・∀・)

その後は展望台でだべらってましたー(´ー`)

いあーここから全惑星見えるんですね!!∑゜ ゜ ( Д )

ニューでイズが地球に見えたwww( ̄∀ ̄)

そこでなんとぼくの財布がパルムに向かって投げられました。。。(つД;)

誰か!!パルムで財布みつけたらそれぼくのだから届けてねーーーーー!!ヽ(`Д´)ノ

報酬=ΩMマガシ様(´∀`*)ハァハァ

情報モトムww!!(・∀・)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

風邪ひきましたー(o__)o

え~タイトル通り風邪にやられましたww

今日は学校休んでずっと寝てました(o__)ozzzZZ

そんな訳で今日もお休みです!!!

さ-------------せん!!!!!m(__)m

12時間も寝たからもう寝れない・・・(´Д`;)

| | コメント (18) | トラックバック (0)

ふっかぁぁぁぁつ!!ヽ(゜Д゜ヽ)

こんばんは!!ギンジロー復活です!!(・∀・)

PSUは春休みぐらいになったら戻ろうかなと考えてきました。

もう武器とかみんなにあげまくっちゃったけどww(・∀・)ww

そんな訳でどうせPSUやらないなら、せめてブログはやっぱりやろうかなと思い直したわけですわww(゜∀゜)

小説も中途半端におわってましたしねww

更新おそいかもしれませんがこれからもよろしく!!m(__)m

あ、近頃はやりのPSU解析やってみたんですが・・

ギンジローの93%は心の壁でできています。

ギンジローの7%はディ・ラガンでできています。

・・・・・壁?(´Д`;)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年2月 »